2016/08/23

忙しいママの時短アイテム お掃除ロボットルンバ780と最新モデルを比較してみた

murmure de chat......

みなさんは家事のなかでなにが一番きらいですか? わたしは掃除機をかけることがきらい。 この世からほこりなんて消えてしまえばいいのになんておもってます。 そんなわたしのおたすけアイテムはお掃除ロボットルンバ

おとこの子が2人いるわが家では掃除機を毎日かけないと大変なことになります。ところが最近ルンバ780の調子がわるくなかなか思うように掃除をしてくれなくなってしまいました。

それまで平日は家族がだれもいないので、床からよけいなものを片づけてルンバを動かしていたため、ほんとうにきれいに掃除してくれていたのです。

それがホームにもどらずろうかで力尽きていたり、ゴミの取りこぼしが目立ってきました。そんなとき、

夫 「母の日なんにもしてないから新しいルンバ買う?

うれしい! やったー! 掃除の負担が軽減されるならと素直に買ってもらうことに。

ですがシリーズがたくさんありすぎてどれがいいのかさっぱりわかりません。 最新機種の上位モデルで絞って検討してみることにしました。

2016年の最新モデル

ルンバ900シリーズ

ルンバ980

ルンバ史上最高の清掃力で、リビングから寝室まで家中のフロアを清掃できるフラッグシップモデル。
  • ボタン1つ押すだけで家中のフロアをきれいに
  • フローリングはもちろん畳、カーペットまでホコリやチリをのがさない
  • 操作からゴミ捨て・お手入れまで使いやすさを追求

ルンバ800シリーズ

ルンバ885

圧倒的な清掃性能と多彩な機能を備えたハイエンドモデル
  • あらゆる住環境に多彩な機能でしっかり対応
  • パワフルな清掃力を実現
  • お手入れもかんたん
  • ライトハウス機能付き

ルンバ876

AeroForce クリーニングシステム搭載 800シリーズの使いやすさはそのままに、スタイリッシュで高級感のあるカラーリングを兼ね備えたハイエンドモデル。
  • あらゆる住環境に多彩な機能でしっかり対応
  • パワフルな清掃力を実現
  • お手入れもかんたん
  • デュアルバーチャルウォール付き

※ デュアルバーチャルウォール機能:ルンバの進入を制限したい場所に赤外線の見えない壁を作るほか、 円形の進入禁止エリアをつくる。

※ ライトハウス機能:ひとつの部屋の清掃が完了、あるいは一定時間が経過すると次の部屋へ自動的に移動します。 モードを切り替えると、バーチャルウォールとして使用することも可能です。

機能を比較してみる

2016年の最新モデル
ルンバ980 ルンバ885 ルンバ876 ルンバ780
ゴミ除去量(700シリーズ比) 約2倍 約1.5倍 約1.5倍
サイズ 直径35.3cm、高さ9.2cm 直径35.3cm、高さ9.2cm 直径35.3cm、高さ9.2cm 直径35.3cm、高さ9.2cm
重さ 約3.9kg 約3.8kg 約3.8kg 約3.85kg
電源方式 充電式リチウムイオン電池 充電式リチウムイオン電池 充電式リチウムイオン電池 充電式ニッケル水素電池
充電時間 約3時間 約3時間 約3時間 約3時間
集塵方式 ダストビン式(紙パック不要) ダストビン式(紙パック不要) ダストビン式(紙パック不要) ダストビン式(紙パック不要)
稼働時間 最大120分(部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。) CLEANモード使用時/最大60分 最大60分(部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。) 最大60分(部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。)

標準機能は780と比べてゴミの除去率と充電方式以外変わってないことがわかりました。

ルンバ980だけの機能として自動再開(清掃途中でバッテリー残量が少なくなると自動でホームベースに戻って充電し、充電後に残りのエリアを清掃します)とスマートフォンのiRobot® HOME アプリ(別の部屋や外出先にいるとき、いつでもどこでも清掃を開始できます)の2つ。

自分で充電しながら掃除してくれるなんてとっても素敵な機能だと感動してしまいました。

ルンバ780

一番心配だったサイズもほぼ変わらなかったので安心。 わが家のルンバの充電スペースは収納の下で、幅も高さもぴったりなので大きくなるようならあきらめようとおもっていました。 縦置きができないのでかなりかさばるルンバ。

口コミなどではデメリットポイントとしてかかれているルンバの置き場所も、収納を買うときにルンバが下に収まるかを確認したので邪魔になることはありません。

ルンバ780

価格を比較してみる

    • ルンバ980・・・・・135,000円(税込)アイロボットストア価格
    • ルンバ885・・・・・ 90,720円(税込)アイロボットストア価格
    • ルンバ876・・・・・ 79,920円(税込)アイロボットストア価格

【2016.5月現在】

かなり金額に差がありました。 とくにルンバ980は桁が変わってる! とりあえず掃除してくれたらいいやって買ったら後悔しそうです。
ルンバ980

ルンバ885

ルンバ876

公式サイトより若干やすくなっているもののあまり価格は変わりませんでした。

付属品を比較してみる

ルンバ980
→バッテリー(内蔵)・ホーム ベース・デュアルバーチャルウォール×2・ 交換用ダストカットフィルター×2・交換用 エッジクリーニングブラシ×2・電源コード ・乾電池

ルンバ885
→バッテリー(内蔵)、ホームベース、お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き)×2、交換用ダストカットフィルター×2、交換用エッジクリーニングブラシ×2、リモナビ(リモコン)、電源コード、乾電池

ルンバ876
→バッテリー(内蔵)、ホームベース、デュアルバーチャルウォール×2、交換用ダストカットフィルター×2、電源コード、乾電池

ちなみに付属品の価格です。

付属品の価格
付属品名 価格
リチウムイオンバッテリー 12,960円(税込)
デュアルバーチャルウォール 8,100円(税込)
お部屋ナビ 9,180円(税込)
ダストカットフィルター 3,240円(税込)
AeroForce エクストラクター 4,320円(税込)
メインブラシ 2,160円(税込)
フレキシブルブラシ 2,160円(税込)
800シリーズのバッテリー寿命は約3年! 780は約1年~1年半

バッテリーは消耗品のなかで一番高額なので寿命が長いのはかなり高評価です。

ちょっと待って!買い替えるまえにバッテリーをチェック

ルンバ780を購入して1年以上になるけどバッテリーの交換をしていないことに気づきました。 

フィルターとかと違って目に見えて消耗具合がわからなかったことが原因です。あたらしいバッテリーに交換したらお掃除力が完全に復活しました。

check700シリーズを1年以上使って調子が悪くなってきたらバッテリーが原因かも!

いそがしいママの時短アイテムとしてルンバはいまでは手放せない家電のTOP3(オーバーかな?)
買い替えを検討する前にバッテリーを確認してみてくださいね。

ルンバの発売元ーアイロボット公式Webサイトはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね! お願いします

Murmure de chat の
最新情報をお届けします

‎Twitterで 糀まみ@pawpaw_net を